なんとなく生きている日々

好きなことを好きなように好き勝手並べていきたい。このところ文体がブレブレですんまそーん。

『スター・ウォーズ - EP7/フォースの覚醒』 感想

ということで見てみました。

個人的に新三部作(EP1~3)は映像は綺麗でも旧三部作(EP4~6)とは趣が異なるように思っていましたが、今回のEP7はまさに原点回帰という様相で旧三部作へのリスペクトを感じさせる内容でした。

若干のチープ感を残したセットの感じとか、レジスタンスのパイロット衣装のダサさ具合だったり、旧三部作の雰囲気そのままで合成技術と画質が上がった感じです。

ただ今回のベイダー卿ポジションであるカイロ・レンはベイダー卿のようになりたいだけの無能としか思えず、怒りの沸点が低いのかしょっちゅう当たり散らすわ、すぐマスク外すわ、困ったものです。なによりハン・ソロの殺し方がしょうもなさすぎるというか、セコいですよね。相手が名乗りを上げている最中に斬りかかるぐらいのセコさです。悪役にも品格というものがあると思いますが、彼からは微塵もそういったものを感じさせません。

ハン・ソロはお爺さんになってもとてもカッコ良かったんですが、今回で離脱というのは非常に残念ですね。ハリソン・フォード高齢ですし致し方無しと言えばそうですが、せめてEP8までは引っ張って欲しかったというのが正直なところです。

今回の主人公でありジェダイの資質がありそうなレイは出自が不明ですが、やはりルークかレイア姫の娘なんでしょうか。仮にレイア姫ハン・ソロの娘としてカイロ・レンの双子の姉か妹ってなるとルークとレイア姫の関係と被り、よりセルフオマージュ感が増しますが、あえてそれをやってくるのか、それとも外すのか、今後の注目点はそこになりそうです。

その他、チューバッカやC3-PO,R2-D2が未だ健在というのも嬉しかったですね。今回はチューバッカが主に登場してましたが、次回以降はC3-POとR2-D2の活躍も見られそうです。

今回初登場のBB-8はR2-D2よりかなり後継のドロイドだと思うのですが、やはり悪路の走破性が良さそうですよね。R2-D2はよくあの感じで立ち往生しないなと思っていたのでw なんにせよ百戦錬磨の英雄ドロイドであるR2-D2先輩の言う事をよく聞いて頑張ってもらいたいです。

こんなところでしょうか。思ったよりはずっと面白かったですね。ただハン・ソロの離脱で続きを見る意味をまた一つ失った気がしています。EP8は現在放映中ですが、また金曜ロードショーかなんかで放送されたら見る感じのモチベーションです。

それでは。