なんとなく生きている日々

好きなことを好きなように好き勝手並べていきたい系です。。

今更『スター・ウォーズ』を見てみた 新三部作編

 

nikeya.hatenablog.com

 

前回に引き続き『スター・ウォーズ』EP1~3、いわゆる新三部作を見ましたので、その感想でも書いていきます。

EP1を見始め「わし、これ見るの初めてじゃね?」と思ったんですけど、トカゲ型人類の方々がバトロイドの軍勢と戦争しているシーンで記憶が蘇りました。ジャージャーが運だけでのし上がっていく感じがなんだかギャグでしたね。

EP6が1983年で、EP1が1999年ですけど16年でここまでCGや合成技術の発展がなされたというのは凄いです。資料的価値もありますよ、これは。EP1~3は大規模戦闘シーンが多いですから、80年代前後に作られていたとしたら陳腐化していたでしょうし、技術の発展を待つという判断は正しかったと思います。よく我慢出来たな、とも思いますが。

オビ=ワン・ケノービとマスター・ヨーダが現役というのは分かっていましたが、C3PO,R2D2,チューバッカなんかもこの時代から活躍していたんですね。特にR2D2があれほどの歴戦の戦士だったというのは意外でした。

旧三部作のレイア姫はあまりヒロインという感じが無かったですけど、パドメはかなりヒロインしてましたね。

まあしかし、アナキンは師匠であるマスター・ケノービの言う事だけ聞いていればあんな悲劇にはならなかっただろうに、明らかに悪人面した野郎の言う事を信じるとか怒りが湧いてきますよね。まずは身近にいる理解者を信じなさい、と。結局それがパドメにトドメを刺した訳ですし、本当に救えないです。母を亡くし部族を皆殺しにした時点でもう手遅れだったのでしょうが……。

ジェダイの騎士には心の闇に打ち勝つ精神が必須な訳だけど、でもそれってかなり酷な話ではありますよね。仮にアナキンが暗黒面に落ちていなかったとしても、稀代の才能を持ったジェダイがそう遠くない未来に再び現れて、いずれは強大なシスの暗黒卿となっていたのかもしれません。暗黒面に落ちる可能性があるというのがジェダイの最大の欠点であり弱点ですよね。

旧三部作を先に見ているとアナキンがダース・ベイダーになるまでの物語というのを知った上での視聴になりますので、予定調和的な感じで面白さはぼちぼちというところでしょうか。映像に関しては非の打ち所が無いです。

これでEP1~6まで視聴しましたので、後は続三部作の前編であるEP7を見てとりあえずは区切りでしょうかね。また感想書くかも分かりません。

それでは。