なんとなく生きている日々

好きなことを好きなように好き勝手並べていきたい系です。。

『アマガミ』の絢辻詞さんについて少々語る

私は『アマガミ』というゲームが大好きだ。私のゲーム人生において間違いなくベスト3圏内に入ってくるだろう神ゲーだ。

このゲームはいわゆる恋愛シミュレーションゲームの系譜を継いでおり、側だけ見ればオーソドックスな作品に見える。

しかし中身は変態的だ。

爽やかに変態的だ。

詳しくはググってほしい。

今回はそんなアマガミのヒロインの一人で俺の嫁である絢辻詞(あやつじつかさ)さんについて少々語っていきたいと思う。

性質上ネタバレは避けられないので、その点はご注意を。

f:id:nikeya-1988:20170917234751j:plain

パッケージヒロインとして堂々たる姿を我々に見せつけてくれた絢辻さん。

さぞかし裏表のない素敵な天使のような人なんだろうと初めは思っていた。

しかしひょんなことから私は絢辻さんの生徒手帳を拾ってしまい、なんやかんやあって彼女の下僕として付き従うことになってしまった。

そう、彼女は自身の目的のため外面を完璧に武装しているが、その実は悪魔的サディスティックガールだったのだ。

この事実を知った瞬間から私は絢辻さんのことが気になり始めていた。

かつて私は『ダブルキャスト』というゲームで二重人格の女の子との恋愛を経験していて、そういう二面性のある子には耐性があり、むしろ「おっ、いいねえ」と思ってしまう傾向がある。

とは言え絢辻さんの本性が打算的で冷たいだけの悪魔であったのなら私は彼女をそこまで好きになることはなかったと思う。

絢辻さんはああ見えてけっこう子供っぽい部分があったりする。

創設祭を成功させたいという目的も幼少の頃の憧れが動機になっていたりで、絢辻さんの本質はそういった純粋さにあって、私が惚れ込んだのはやはりその辺りだ。

付き合いを重ねるうちに綺麗な絢辻さん→黒辻さん→白辻さんという具合で変遷していくその過程がとても心地が良い。

今までの生涯で女っ気が一切なかった私だが、男女の交際というのはこういった感じで段階を経て互いのパーソナルスペースを狭めていくのだろうかと思ったりした。

そういった点では絢辻さんの話は非常に恋愛シミュレーション的で、ゲームの顔となるパッケージヒロインに相応しかったのだろう。

 

その後、ゲーム内で私と絢辻さんは結婚し娘を授かり、幸せな家庭を築いている。

もちろんこれは現実の出来事ではないが、絢辻さんが大好きだという私の気持ちだけは紛れもない現実である。

だからこれは実質現実なのだと思いたい。

そう思って私はこれからを強く生きていきたいと思う。 

無題

『無題』というタイトルを付けた時点でそれは無題ではなくなるような気がします。ヒロシです……。生島ヒロシです……。念のため私は生島ヒロシではないことを予めご了承頂き、頂を目指していって下さい。

テレ東『池の水ぜんぶ抜く大作戦4』を見た。

テレビ東京の特番で『池の水ぜんぶ抜く大作戦』というのがありまして、私は今まで見たことがなかったのですが、面白いらしいっていうのはよく聞くので9月3日放送の第4弾をとりあえず見てみました。

www.tv-tokyo.co.jp

 初っ端のターゲットである日比谷公園の池はゴミが少なく在来種も多く生息しているかなり健全な池ということでした。スッポンがいるというのは特に意外でしたね。

2つ目の座間市の池は子ガモを引き連れた親ガモが水の中に引きずり込まれ浮かんでこなかった目撃情報から、犯人探しという具合ですね。

まあ、しかし、CMに入る前のちょっとした予告でドロにまみれたかなりでかいカメのようなものが見えてしまって、甲羅のゴツゴツ感からワニガメだろうなあと推察出来てしまったのはちょっと興ざめですね。それこそサメでも出てきたら良かったんですけど。最近のサメは地面を泳ぐらしいですからね。(サメ映画の予告でそんなのを見た記憶があります)

ワニガメのお陰でミシシッピアカミミガメ等の外来種が駆逐されるという側面はありましたけど、どう考えても池にワニガメがいる状況は健全ではないですね。投棄されたゴミも多く、それに乗じて池にワニガメを放した不届き者がいたというのは残念なことです。

そして3つ目の千葉市の池では準絶滅危惧種のニホンイシガメがいるのでは? という期待がありましたけど、残念ながら今回は見つからず……。外来種の多い環境ではあるけれど、大きく育った在来種のヌマガイが多く見つかり、それはこの池の宝ということでした。シジミを50倍ぐらいにしたような衝撃的な見た目から、外来種かな? と思ってしまった自分を恥じたいです。

 以上の3つの池が今回のターゲットでした。池の水を抜くというのは一見地味な行為に見えますけど、これほどにドキドキとワクワクを与えてくれるエンターテイメントはそう無いんじゃないですかね。ここまでに昇華した番組スタッフに脱帽です。とても面白い番組でした。

余談ですが、私は小学3,4年の頃にミシシッピアカミミガメに指を噛まれた経験があります。小学校の人工池で飼われていた奴にやられました。人差し指の腹にU字(おそらくカメの歯型)の比較的深い傷を負いましたけど、10日ぐらいで塞がりました。当たり前ですけど、カメの目の前に指を出すと餌と間違われて噛まれる可能性がありますのでお気を付け下さい。カメは悪くありません。

それでは失礼致します。

下らない短文でお茶を濁す系

冬の七草ってどんな感じでしたっけね。

シャリ、SHAZNA護摩行、腹ペコ、司会の座、鈴木、一朗……みたいな感じだったような気がします。

………。

いやあ、見事な静寂ですね。

おやすみなさい。

820

8月20日、はに丸の日ですね。『おーい! はに丸』だったかそんな幼児向け番組がNHKで昔やっていた気がしないでもないです。おそらくリアタイでは見てはなかったような……そんな微妙な記憶です。

さて、東京というか関東は戻り梅雨が長引いてますね。雨の8月というのは非常稀でアンディ・マレーもビックリということでね、かなりのレアケースだそうです。

7月は水不足の懸念がありまして、そちらは解消したのでしょうが、今度は日照不足が作物に影響するのでは? という新たな懸念が勃発ですよ。今年の天気は不思議ちゃんです。

うーん、ネタがないですね。ネタのないブロガーとネタのない寿司屋はどっちが深刻なんでしょうね。私は寿司屋だと思います。商売あがったりです。てやんでぃ!

今回はこの程度でご勘弁を。それでは。